海外留学・海外研修 Study Abroad

こども学海外研修

研修の特長

日本を離れ、ヨーロッパでじっくりとこども文化の違いを学びます。短期間ではなく、しっかり現地で見聞を広げられるので、しっかりとした経験になります。

研修でめざすこと

ヨーロッパのこども文化とその歴史に触れ、こども文化についての関心を高めます。また、現地の保育・幼児教育・子育て事情などについても学び、コミュニケーション力アップをめざします。

期間(予定)

隔年9月上旬~9月中旬(約10日間)

過去に行われた旅程の一例をご紹介します。

初日関西国際空港~フランクフルト
第2日ハーナウ市内観光(ハーナウ博物館、ゴルトシュミーデハウスなど)
シュタイナウ市内観光(マリオット劇場、グリム兄弟の家)
第3日カッセル市内観光(グリム童話博物館、童話グリム兄弟広場など)
カッセルからハーメルンへ
(ザバブルグ城、トレンデルベルク城見学)
第4日ハーメルン市内観光(ハーメルン博物館、結婚式の家としかけ時計など)
ハーメルンからブレーメンへ
ブレーメン市内自由散策
第5日ブレーメン市内研修(市庁舎、教会、ブレーメンの音楽隊像など見学)
ブレーメンからオーデンセへ
第6日オーデンセ市内研修(アンデルセン博物館、アンデルセンの家など見学)
オーデンセからコペンハーゲンへ
コペンハーゲン市内観光(人魚姫の像、アンデルセン像など)
チボリ公園にて自由行動
第7日コペンハーゲンからヘルシンキへ
ヘルシンキ市内観光
ヘルシンキからタンペレへ
第8日タンペレ市内研修(市立図書館、ムーミン谷、ムーミン博物館)
タンペレからヘルシンキへ
第9日ヘルシンキからフランクフルト経由帰国の途へ
第10日関西国際空港着

対象

こども学科の2・3・4年次学生

費用

約30万円(滞在費、渡航費、保険料含む)

先輩たちの声

ヨーロッパこども文化研修(2013年9月9日〜18日)
(現こども学海外研修)

今回の研修旅行で1番印象に残っていることは、エディンバラの幼稚園見学です。1935年に創立された歴史のある保育施設Stanwall Nursery School(2歳から5歳児対象の幼稚園)で、子どもたちが遊べる環境がとても整えられていると思いました。室内は遊びのコーナーが分かれており、おままごとや積木など、たくさんのコーナーに区切られていましたが、とくに日本の幼稚園や保育所ではないような、室内に水遊びや砂遊びができるコーナーがあることにとても驚きました。はじめに園長先生から当施設の歴史と幼児教育における理念等についてのお話を聞きました。日本の幼稚園とは異なる点もたくさんありました。その後、子どもたちと触れ合いました。私たちのグループは♪蛍の光と♪海と♪七つの子を英語と日本語の両方で歌いました。子どもたちみんなが笑顔で私たちの歌を聴いてくれて嬉しかったです。

このほかにも、アムステルダムではアンネフランクの家やリーカーの風車、エディンバラではストリートテリング・センター、湖水地方ではポターが愛したヒルトップやポターギャラリー、アーミット美術館等を見学後、トーマスのモデルになった蒸気機関車に乗車。オックスフォードでは、クライストチャーチやアリスショップ。ロンドンでは、大英博物館やビックベンの見学、そして最終日のプーカントリー等・・・10日間でたくさんのところへ行き、いろいろなものを見て、感じてきました。非常に良い勉強になりました。行く前は緊張していましたが、実際に行ってみると、とても楽しくて10日間ほんとにあっという間でした。

S.Sさん