梅花女子大学

ホーム » キャンパスライフ » 学生サポート » 学習環境サポート

学習環境サポート

メディアセンターの学習環境サポートについてご紹介します。

メディアセンターでは、大学生として情報化社会に対応するための知識を身につけることができるように、マルチメディア機器の活用を通じて学生生活をサポートする様々な取り組みを行っています。

CCS(キャンパスコミュニティシステム)

茨木キャンパスのパソコン教室、教職員のパソコンはすべて学内ネットワーク(梅花i-net)に接続され、そのネットワークの入り口として、学内ポータルサイト「CCS(キャンパスコミュニティシステム)」が用意されています。CCSには茨木キャンパスのあらゆる情報が集約され、学生と教職員の情報交換が可能となっています。
学生の皆さんには入学時にユーザID、パスワードが配付され、学内のパソコンからはもちろん、自宅のパソコン、携帯電話、スマートフォンからもCCSにアクセスすることができます。
CCSでは、教職員からの様々なお知らせや呼び出しを確認できるほか、履修登録を行ったり、学内掲示板で情報を発信したりすることもできます。教室変更、休講情報、補講情報に加え、各自の時間割やスケジュール表を閲覧することができます。

無線LAN

学生会館、緑風館(食堂)、A棟、D棟、E棟、F棟、S棟、図書館などの各校舎に無線LANのアンテナを設置しています。
無線LANに対応するノートパソコン、タブレットなどで学内ネットワーク、インターネットを利用することができます。

パソコン教室の開放

パソコン教室は授業時間を除いて、学生のみなさんが自由に使えるよう開放されています。
各教室にはプリンタを設置しており、各学年で定められたポイントの範囲内で、無料で印刷することができます。

e-Learning・教育支援システム

スキルアップのため、インターネットを活用して学内外を問わずにパソコンで学習ができるシステムを用意しています。
「eラーニングシステム」ではWebを通じて課題の確認、回答ができ、動画、ミニテストなどで効率的な学習が可能です。
「ポートフォリオ」では学習成果を記録、集積し、教員と共有することで、自身の学びと成長の軌跡を確認することができます。

ページの先頭へ戻る