8学科の教員があなたをサポートします。

口腔保健学科

山元 恵子

講師

山元 恵子

ヤマモト ケイコ

担当科目
2015年度:精神看護援助論 / 精神看護学実習
2016年度以降:精神保健学 / 対人看護援助論 / 看護技術演習 / 口腔保健研究演習I・II / 臨床看護実習 / 精神看護援助論 / 精神看護学実習(兼担)
研究分野
精神看護学 / 看護教育 / 口腔保健学
私のチャレンジ
人に対するやさしさと学習意欲のある医療従事者を世に送り出すことです。

障害者が地域で生活するためには、本人の自己管理能力も必要ですが、周囲の理解や協力も欠かせません。医療従事者として病める人の援助をするだけでなく、ハンディキャップを持つ隣人と、人としてどのように付き合っていけばいいのか、学生と共に考えていきたいと思います。

受験生へのメッセージ
口腔は、食べ物の入口ということで、命の入口です。また、言葉が出るところとして、気持ちの出口でもあります。栄養のことや細菌のこと、心のこと、あるいは社会のことなど、まずは多くを学び知りましょう。その中で、人の気持ちを知り、支えるという点で、私は授業を通して、みなさんに、いくつかヒントをお伝えすることができると思います。

私のイチオシ授業

精神看護援助論
精神看護や精神科看護についての看護学生を対象にした授業です。精神疾患を持つ人に接したことのない多くの学生がいます。そのため、授業では、統合失調症やうつ病を持った人が書いた体験記を読んだり、DVD、看護場面のロールプレイをしたりすることで、学生自身が実感を持てるようにしています。
また、医療コミュニケーションに関して、プロセスレコードを通して学びます。これは、自己理解、他者理解に役立ちます。この授業の後、精神看護学実習を行い、学んだことを実践します。歯科衛生士の学生のみなさんには、シミュレーション授業を通し、看護の1部を体験してほしいと思っています。
学生と接するうえで、工夫している・気を付けているポイント
一方的に言わないようにしています。学生から学ぶ姿勢も忘れません。
学生との思い出で印象に残っていること・うれしかったこと
以前、私の担当した実習を精神的な問題でリタイアした学生が、他教員による補充実習で合格し、国家試験も合格したこと。その後、たまたま車で走り去る私を見つけたその卒業した学生が、自分の車から出てきて、ガールフレンドと一緒に、深々とおじぎをして見送ってくれた姿が印象に残っています。
梅花女子大学の教員としての1番の醍醐味
学生が対象者との距離感を大切にしながら、努力を惜しまず、看護援助を展開している姿を見る時。チャレンジ&エレガンスは、学生たちの中で息づいていると思います。
梅花女子大学でできる、学生にとってのチャレンジとは?
歯科衛生士にとっての大学教育は、始まったばかりです。今後、どの分野で活躍したいのか将来の夢を抱いて、学びを深めてもらいたいと思います。養護教諭1級の免許を取得するというのも大きなチャレンジだと思います。私は、その資格取得のための授業の一部を行っています。

座右の銘

(世界平和のために何をしたらいいのかと聞かれて)帰って家族を大切にしてあげてください。
世界人口を支えている、その基盤は家族にあります。結婚してもしなくても、両親から命をもらい誕生したわけですから、その家族への感謝の思いを忘れず、家族を大切にしましょう。それは、世界平和にも通じると思います。

プロフィール

趣味 体重管理
特技 卓球
自慢できること 今年になって、5キロ減りました
こだわり 現在通学中の大学院を続けること
感銘を受けた作品 『レ・ミゼラブル』
尊敬する人 マザー・テレサ
性格をひと言で のんびりしています
チャームポイント 色白です
休日の過ごし方 寝ています

次の教員を見る

詳細(教員データベース)