8学科の教員があなたをサポートします。

口腔保健学科

吉田 美穗子

教授

吉田 美穗子

ヨシダ ミホコ

担当科目
ユニバーサルデザイン / コンピュータ実習A・B / 住居デザイン / BAIKAセミナー / プレゼンテーション演習 / 口腔保健指導演習IV / キャリアアップ実習I・II / オフィスアプリケーションII
研究分野
建築 / インテリア / デジタルデザイン
著書
『目で見る私たちの住まいと暮らし』(化学同人)、『私たちの住居学―サスティナブル社会の住まいと暮らし―』(オーム社)、『プロダクトデザイン―商品開発に関わるすべての人へ―』(ワークスコーポレーション)
私のエレガンス
学生との接し方:As you like.(お好きにどうぞ)

日常生活は個人により過ごし方はさまざまです。まったく異なる生活習慣を持っているのに、暮らしやすいと感じることのできる住空間は存在します。それは母親が小さな子どもに向かって「おいしいね」と言い、それに対し、子どもがうなずくことに似ています。おいしさは教えられずに理解され、受け継がれていくことになります。誰にでも理解され、体感できるデザインとはそういうものかもしれません。

受験生へのメッセージ
デザインに癒されることもあります。自然と心なごむデザインもあるでしょう。生活者の立場から住空間デザインを考えていきましょう。

私のイチオシ授業

ユニバーサルデザイン
健康で暮らしやすい社会ってどんなものなのでしょうか。右利きや左利き、身長や年齢の差、性別にこだわらず誰にでも使い勝手の良いことを目指すのがユニバーサルデザイン。
私たちが暮らす生活環境の変化と、加齢や病気等といった人間側の変化に対応して、ユニバーサルデザインをどのように展開していけばよいのか、具体的な事例を通して考えていきます。そのことでより身近にデザインを感じ、すべての人に気に入られるためのデザインとなるための工夫を一緒に考えていきましょう。この授業を受ければきっと、どんな人にも優しく接するようになれると思います。
学生と接するうえで、工夫している・気を付けているポイント
学生個人のペースを乱さないように気を付けながら対応しています。何がしたいのか、自分探しの旅にうまく付き合っていきたいと思っています。
学生との思い出で印象に残っていること・うれしかったこと
たまたま病気になった時に「お見舞いに行きたい」とメールが来た時は、うれしかったです。また卒業して何年もたつのに毎年、同窓会に誘ってくれます。
梅花女子大学の教員としての1番の醍醐味
毎年、美しい桜をたくさん鑑賞できること。
梅花女子大学でできる、学生にとってのチャレンジとは?
なりたい自分になろう!

座右の銘

努力する才能を持つ限り必ず向上する
中学生の時に担任の先生から言われた言葉です。大切にしています。

プロフィール

保持資格 一級建築士
受賞歴 第9回日本編物手芸展 入選
第7回和歌山県デザインコンクール 入選
趣味 園芸
特技 植物の気持ちがすごくわかる
自慢できること 挿し木をして植物のクローンを創りだせる
こだわり 間違っていると思ったらすぐに正す
感銘を受けた作品 『火垂るの墓』
尊敬する人 祖父
性格をひと言で キュート
チャームポイント 大きな声
休日の過ごし方 バラと対話する

img_next01

詳細(教員データベース)