8学科の教員があなたをサポートします。

食文化学科

北村 伊都子

講師

北村 伊都子

キタムラ イツコ

担当科目
ビジネスマナー入門I・II / 就業力養成実習I~IV / 先輩に学ぶ女性の生き方 / エアライン業界研究 / 観光実務 II
研究分野
非言語コミュニケーションとホスピタリティ(おもてなし)の関係の研究 / ビジネスマナー / 航空関連業務
私のエレガンス
「品格のある美しさ」がエレガンスだと思います。学生として在学していた時にお世話になった梅花の先生方が、お手本です。

人の第一印象などは、その人が話した言葉だけでなく、表情・立ち居振る舞い・声のトーンなど、「非言語コミュニケーション」で多くの印象が左右されます。
これらを知ることにより、自身をより良く見せたり、誤解されることを防いだり、ホスピタリティの場面にふさわしい自分を見せたりするといった方法を、ビジネスマナー入門の授業でお教えしています。

受験生へのメッセージ
マナーなんて堅苦しそうと感じているみなさんに、ぜひ受けてもらいたいです。マナーを学ぶことにより自分がよく見えたり、女子力がアップするということにきっと気付いていただけると思います。

私のイチオシ授業

ビジネスマナー入門
この授業では、卒業後、社会人になった時に身に付けておきたいビジネスマナーをお教えしています。マナーを身に付けるには時間がかかるため、大学1年生で授業を受けていただきます。
お辞儀・立ち居振る舞いなど基本的なことから、他人とのコミュニケーションの取り方を実践的に学び、学んだことを発揮する場としてプレゼンテーション大会をします。マナーを身に付けていただくことはもちろんのこと、新しいことにチャレンジする大切さや、失敗から何かを学ぶ大事さを学びとってほしいと考えています。
また、社会人と学生の違いを理解し、少しずつ大人の女性になる準備をしていくことも学んでいただきたいと思っています。
学生と接するうえで、工夫している・気を付けているポイント
自分自身が学生の良き手本となれるよう、学生と接する上でもビジネスマナーに気を付けています。また、就職活動や卒業後のことを考え、実際の社会の厳しさを隠さずに伝え、どのように準備をしていけばいいのかを伝えるようにもしています。
学生との思い出で印象に残っていること・うれしかったこと
先日、インターンシップなどを体験してきた3年生の学生と話していた時、「先生がマナーの授業で言ってたことが、本当にわかった。(ほかの人の様子を見て)マナーが悪いということが、どれだけ失礼にあたるのか、実感できた」と話してくれたことが印象に残っています。1年生でお教えしたことが、3年生になって花開いたことがわかり、うれしく感じました。
梅花女子大学の教員としての1番の醍醐味
私自身も梅花女子大学の卒業生です。自分自身の社会経験の中で、梅花で学んだことがどれほど役立ったか、たくさんの梅花卒業の先輩方がどれほど活躍し評価されているかを直接伝えることができるのが、醍醐味です。梅花出身であることに誇りを持ってもらえるよう、授業ではいつもたくさんの例をご紹介しています。
梅花女子大学でできる、学生にとってのチャレンジとは?
入学した専門学科の学びだけでなく、幅広い教養を身に付けることにチャレンジできるのが、梅花ならではの学びの特徴だと思います。歴史と伝統のある女子大であり、各学科が身近に存在していることから、専門を超えた奥深い学びに容易にチャレンジできます。

座右の銘

人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい
梅花のスクールモットーでもある聖書の言葉です。大学に入ったとき、はじめてこの言葉を知り、思いやりに満ちていてなんて素敵な言葉だろうと感動しました。航空会社CAとしてのお仕事は、まさにこの言葉を日々実践するものでした。

プロフィール

趣味 おいしいものを食べること!
特技 クラシックバレエ(でした)
自慢できること 超ハードなスケジュールをこなせる
感銘を受けた作品 映画「愛と哀しみのボレロ」
性格を一言で 男前とよく言われます
休日の過ごし方 ペットの猫とラブラブする

img_next01

詳細(教員データベース)