8学科の教員があなたをサポートします。

こども学科

長尾 和美

助教

長尾 和美

ナガオ カズミ

担当科目
乳児保育 / 保育実習指導Ⅰ(保育所) / 保育実習指導Ⅰ(施設) / 初年次セミナー
研究分野
幼児教育
私のチャレンジ
年齢にかかわらず、(能力の有無も不明だけれど)とりあえず好きなこと、やりたいことにトライしてみる。

保育現場(日本の保育所)での経験や、外国(パラグアイ)での幼児教育の研究・海外での生活体験などから、授業の中でも、比較教育(保育)的な視点を取り入れた授業を行っています。海外の子育てや親子関係について知ることによって、日本の保育や子育てについて改めて分かったり、より客観的に見えたりすることがあります。

受験生へのメッセージ
自分なりの「問題意識」を持っている人、特に社会や大人に対して、疑問や何らかの違和感を持っている学生に是非授業を受けてもらいたいです。

私のイチオシ授業

乳児保育
乳児(3歳未満児)や乳児保育が現在置かれている状況を理解しながら、乳児の発達や保育(生活・遊び)について学ぶ授業です。面白くしゃべることはできませんが、例えば私の今までの失敗談も含めた経験談(他国の親子のこと、保育、子ども観等)から日本との違いに気付き、改めて日本のやり方を振り返ってみて面白いなと思ってもらえる点が多いのではないでしょうか。この授業を通して、保育や教育に唯一絶対の正解はないということ、ひとつの事柄(現象)にはその背景に様々な要因があるということを学びとってほしいと思っています。
学生と接するうえで、工夫している・気を付けているポイント
自分の考えを押し付けない。でも、自分とは違う(時には相容れないかもしれない)いろいろな考えがあるということに気が付いてもらえるように心がけています。
学生との思い出で印象に残っていること・うれしかったこと
学生を施設等での実習に送り出した際に、実習後の報告会で「保育者としてというより『人間』として問われている気がした」等、実体験を通してしか出てこない生の言葉を聞かせてくれたときのことがとても印象に残っています。
梅花女子大学の教員としての1番の醍醐味
街にも近く、自然豊かな環境に恵まれた美しいキャンパスで、若い学生とともに学べること。学生の4年間を身近で見てその成長を感じられること。
梅花女子大学でできる、学生にとってのチャレンジとは?
これから共に考えていきたいと思います!(初年度なので、模索中です)

座右の銘

意志あるところに道は通ず
(その人の属性にかかわらず)自分の興味・関心・好きなことややりたいことがある、ということから何かが始まると思っています。

プロフィール

保持資格 保育士資格、幼稚園教諭専修免許
趣味 映画鑑賞、旅行、歌うこと、講演会等で人の話を生で聞くこと
自慢できること 残念ながらありませんが、引っ越しの回数は両手では数え切れません
こだわり (できる限り)自分らしく生きる。人間として「自由」であること、好きなことを楽しむ。そして、他の人の「その人らしさ」や「自由」を尊重する。
感銘を受けた作品 「ベルサイユのばら」池田理代子著
「兎の眼」「太陽の子」灰谷健次郎著
「寝ながら学べる構造主義」他 内田樹著
性格を一言で 大雑把でいいかげん。やや楽観的(能天気?)強気と弱気 明るさと暗さ。

img_next01

詳細(教員データベース)