梅花女子大学

ホーム » 大学紹介 » 学長メッセージ

学長メッセージ

チャレンジ&エレガンス」をめざして

梅花女子大学のキャンパスは大阪北部に広がる小高い丘にあります。
緑の木々に包まれたキャンパスでは、梅、桜、バラ、花水木、そして山茶花などの花々が、四季折々にかぐわしい香りと美しい彩りを添えてくれます。

 

1878(明治11)年に創設された梅花女学校を前身とする梅花女子大学は、一貫してキリスト教精神に基づく女子教育を使命としてきました。創立者澤山保羅先生の愛唱の聖句「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたがたも人にしなさい」(マタイによる福音書7章12節)に現れている愛と自主・自立、他者への愛と奉仕の精神を備える自立した女性の育成が教育目標です。このキリスト教精神を核とする教育目標を、私たちは「チャレンジ&エレガンス」という言葉で表現しています。積極的に前に一歩踏み出し、自ら問題を見出し解決していくチャレンジ精神あふれる女性。気品と思いやる心を備える真にエレガントな女性。これらをあわせもち、積極的に社会に貢献する自立した女性になってほしいという願いがこの言葉には込められています。

美しい花々や緑に包まれた私たちの茨木ガーデンキャンパスで、幅広い教養に支えられた専門的知識と能力を身につけるとともに、皆さん自身のチャレンジ力、エレガント力を磨いてみませんか。これらの力は、必ず皆さんの未来を切り拓く大きな力になると確信しています。

学長 長澤 修一

ページの先頭へ戻る