梅花女子大学

ホーム » 大学紹介 » 沿革

沿革

愛の精神を礎に、女子教育の前衛として。

創立者、澤山保羅は、牧師として伝道活動を行うとともに女子教育に生涯を投じ、梅花女子大学・梅花女子大学短期大学部の前身となる梅花女学校を1878年(明治11)に創設。「愛なる人を育てる」という保羅の理想は、多くの支援者に支えられ、教会・教師・生徒が心をひとつに、女子高等教育の前衛として黎明の時を刻んでいきました。

1878 明治11年 梅花女学校開校

1878 明治11年 梅花女学校開校

開校当時の土佐堀校舎<1879>

澤山保羅、協力者成瀬仁蔵ほか教会信徒有志らにより、キリスト教主義教育を建学の精神とする梅花女学校が、大阪・土佐堀裏町十番地(現・肥後橋交差点南西)に開校。海外からの宣教師団によるミッション・スクールではなく、日本人教会と生徒費用で運営される国内初の自給学校でした。学校開設には保羅が1年前(1877年)に設立し、牧師をつとめた浪公会とその母教会である本町公会(現・大阪教会)の教会員の協力があったことから「梅花」と名付けられました。この女学校が梅花学園の歴史の始まりです。

1908 明治41年 北野に移転

1908 明治41年 北野に移転

北野校舎<1908~1926>

生徒数の増加にともない、土佐堀から北野(現・大阪市北区豊崎3丁目)に移転。新築された校舎はクリーム色の壁に赤い屋根で、当時としてはモダンなたたずまいでした。

1913 大正2年 梅花高等女学校新設

高等女学校令による梅花高等女学校(修業年限4年)を北野学舎に新設。その翌年(1914年)から、梅花女学校は新たに入学資格を高等女学校卒業程度とする梅花女学校専門部(修業年限2年)英文科・家政科として発足。

1922 大正11年 梅花女子専門学校開設

専門学校令による大阪で初めての女子専門学校として、梅花女学校英文科・家政科を、梅花女子専門学校に昇格させ、1926年には国文科を増設。高等女学校の修業年限を5年にし、大阪における女子高等教育機関として大きく発展していきました。

1926 大正15年 豊中に移転

1926 大正15年 豊中に移転

豊中学舎<1948>

大幅に増加した生徒・学生数に対応し、校舎を大阪府豊能郡豊中村(現・豊中市上野西1丁目)に移転しました。

1950 昭和25年 梅花短期大学発足

1950 昭和25年 梅花短期大学発足

豊中学舎<1958>

学制改革により、梅花高等女学校は梅花中学校・梅花高等学校に、梅花女子専門学校は梅花短期大学(英語科)として発足。発足当時、梅花短期大学は英語科だけでしたが、1959年には家政科が増設されました。

1964 昭和39年 梅花女子大学開設

1964 昭和39年 梅花女子大学開設

開設当時の大学(茨木学舎)
<1964>

茨木市宿久庄に梅花女子大学(文学部 日本文学科・英米文学科)を開設。また、1977年には大学院(文学研究科 日本文学専攻・英米文学専攻)も設置されました。

1981 昭和56年 短大、茨木キャンパスに移転

1981 昭和56年 短大、茨木キャンパスに移転

豊中にあった短期大学が、女子大学のある茨木キャンパスに校舎を新築して移転。現在の体制となりました。

1982 昭和57年 児童文学科増設

女子大学に日本で最初の、そして唯一の児童文学科が誕生。

1987 昭和62年 国語科増設

1987 昭和62年 国語科増設

短期大学に国語科を設置。またこの年、国際交流部(現・国際交流センター)を設置。多彩な留学・研修プログラムを企画・運営するほか、アジアからの留学生受け入れや、学習・生活面でのフォローなどさまざまな国際交流・多文化コミュニケーション活動を展開しています。

1992 平成4年 児童文学専攻設置

児童文学をさらに深く、また国際的に研究するための大学院児童文学専攻を設置。

1997 平成9年 比較文化学科・人間福祉学科増設、キャリア開発センター設置

新世代の国際人育成をめざした比較文化学科と、社会福祉のプロフェッショナルを養成する人間福祉学科の2学科が女子大学に誕生。また、資格取得やキャリアアップのための各種対策講座の実施や、就職支援、進路決定相談などをおこなう専門セクションとしてキャリア開発センター(現・就職部)を設置しました。

1998 平成10年 梅花ビジュアル・アイデンティティ制定

1998 平成10年 創立120周年

「創立120周年記念事業」を推進しました。
記念事業の一環として、梅花学園のイメージ統一をはかるためにVIS(ビジュアル・アイデンティティ・システム=視覚的イメージの統一)を導入し、学園マーク「BAIKAマーク」を新たに制定したのをはじめ、シンボルカラー、ロゴタイプ(文字デザイン)を開発しました。

2000 平成12年 短期大学発足50周年、人間科学科増設

2000 平成12年 短期大学発足50周年、人間科学科増設

前年の1999年に家政科から改称した生活科学科に生活福祉学・住居学・生活健康学の3専攻を開設。また、英語科は英語コミュニケーション学科、国語科は日本語表現科とそれぞれ改称。女子大学には人間を基盤に豊かな社会の創造をめざす人間科学科が誕生しました。

2001 平成13年 大学院 文学研究科 人間福祉学専攻設置、生涯学習センター設置

社会福祉の科学的・専門的研究を深め、バランスの取れた専門性を身につけた職業人および教育・研究者の育成をめざす大学院人間福祉学専攻を設置。さらに同年、地域社会に開かれた大学として学園の知的資産を広く社会に公開し、リカレント教育を支援することを目的とした生涯学習センターが始動しました。

2002 平成14年 調理・製菓専攻と造形デザイン専攻に分離

短期大学 生活科学科 生活健康学専攻を、調理・製菓専攻と造形デザイン専攻に分離。調理・製菓専攻には調理・製菓・食彩の3コース、造形デザイン専攻にはファッションデザイン・工芸デザイン(現・インテリアクラフト)、そして2003年よりイラストレーションアーツ(現・マンガ・イラスト)の3コース制になりました。

2004 平成16年 大学院 文学研究科 心理臨床学専攻・女子大学に現代人間学部・文化表現学部を設置、短期大学は短期大学部に

2004 平成16年 女子大学に現代人間学部・文化表現学部、短期大学は短期大学部に

心理・教育相談センター(豊中)

2004年4月、大学院に心理臨床学専攻を設置。女子大学と短期大学は、福祉・共生・創造をキーワードに新世紀女性のさらなる活躍をめざした学部体系へと一新。女子大学と短期大学を合わせ、新たに現代人間学部・文化表現学部・短期大学部を設置。また、心理・教育相談センター(豊中)(現・心理教育総合相談センター)も設置し、梅花の伝統と革新の物語は次代の人々・社会のために続いていきます。

2006 平成18年 大学院 現代人間学研究科を設置

・現代人間学研究科・・・人間福祉学専攻、心理臨床学専攻
・文学研究科・・・日本語日本文学専攻、英語英米文学専攻、児童文学専攻

2008 平成20年 創立130周年

心理・教育相談センター(茨木分室)(現・心理教育総合相談センター)を設置

2010 平成22年 女子大学に看護学部・心理こども学部を設置

2010年4月、女子大学に「たくましく生きる力を持つ女性」を育成することを目標にかかげ、看護学部 看護学科、心理こども学部 こども学科・心理学科の2学部3学科を開設しました。

2012 平成24年 女子大学に食文化学部を設置

2012年4月、女子大学に、人間生活の向上に寄与しうる人材を育成するという目的のもとに、食の営みにおける様々な事象を分析し、「食」を文化的に総合理解する食文化学部食文化学科を開設しました。

2015 平成27年 女子大学に口腔保健学科を設置

2015年4月、女子大学に、口腔ケアに必要な専門的な知識と技術力に加え、豊かな人間性を備え、実践力と柔軟な対応力を持った人材を育成するという目的のもとに、口腔保健学科を開設し、看護学部の名称を看護保健学部に変更いたしました。

ページの先頭へ戻る