梅花女子大学

ホーム » 大学紹介 » 施設設備

施設設備

最新設備を完備した実験室、実習室など充実した学びをサポートする多彩な施設を整えています。

それぞれの学部での専門的な学びに必要な実験室、実習室、演習室をはじめ、図書館、体育館やトレーニングルーム、学生相談室など多彩な施設を設置。充実した学びと快適なキャンパスライフをサポートしています

看護・口腔保健関連施設

基礎看護学演習室

基礎看護学演習室

この教室は病院と同等の設備を備え、主に看護の基礎的な技術を学ぶ演習室として電動ベッドや十分な機材等を配置しました。天井吊りのモニターテレビですべての学生に演習内容が行き渡るように配慮しています。

心理・こども関連施設

心理教育総合相談センター

心理教育総合相談センター

乳幼児から成人まで、さまざまな方のこころの悩みや心理的問題についてのご相談に、臨床心理士資格をもったスタッフが応じています。また、当センターは大学院生の訓練機関をかねていますので、教員指導のもとに大学院生が担当することもあります。

心理教育総合相談センターホームページはこちら

心理学実験室

心理学実験室

右手扉から奥の部屋は、防音室。厳密な条件統制を行います。左手の部屋からハーフミラーを通して右手部屋内の様子を観察できます。


心理学コンピュータ室

心理学コンピュータ室

人間のこころを科学的に研究する情報心理学をはじめ、心理学は幅広い情報収集が必要。それらのデータを収集・分析するためのコンピュータ室も完備されています。

行動解析室

行動解析室

行動を手がかりに人間のこころのしくみを明らかにするためにビデオによる観察と分析を行います。


プレイルーム

プレイルーム

子どもの遊びや母子関係の観察、心理テストの実習や模擬カウンセリングなどに使用します。

絵本・図工教室

絵本・図工教室

日本で最初の、そして唯一の「児童文学科」の伝統を継承した「こども学科」ならではの、絵本制作の場。こどもの感性に響き、おとなの心をも癒すさまざまな絵本づくりに取り組みます。

ML教室、ピアノ練習室、ピアノ独習室

ML教室、ピアノ練習室、ピアノ独習室

「こども学科」の学生が使用するML教室には40台のクラビノーバを設置。
また、防音・冷暖房完備で快適なピアノ独習室をはじめ、20台の電子ピアノを設置した練習室も利用可能です。

保育実習室

保育実習室

2011年4月に完成したウッド調の教室。実際の幼稚園や保育園の保育室を想定して設計されており、実習前の模擬保育等で、こどもの目線や体の大きさを確認しながら、実践力を身につけることができます。

情報教育関連施設

PC@LL教室

PC@LL教室

外国語習得支援ソフト(PC@LL)を備えたパソコン教室です。CD、MD、ビデオ、DVD等も備え、音声と映像を活用して学習することができます。

メディアラボ

メディアラボ

マルチメディアコンテンツを作成するためのソフトウェアを装備したWindowsパソコンを30台、医療事務実習用には5台を設置しています。


パソコン実習室(4教室)

パソコン実習室

Windowsパソコンを各25台4教室設置。基礎技術から機能を十分に使いこなす高度な実習まで行われます。

メディアスタジオ

マルチメディアスタジオ

防音設備を備えたスタジオにはクロマキーやスポットライト、高性能マイクを装備し、多様な映像・音声の記録に対応しています。最新のマルチメディアコンピュータによる編集機能もあり、併設するミニホールで視聴することも可能です。


マルチメディア情報処理教室・応用ソフトウェア実習室・システムソフトウェア実習室

マルチメディア情報処理教室・応用ソフトウェア実習室・システムソフトウェア実習室

メディアセンター内には、最新機器を備えた実習教室が充実しています。Windowsコンピュータは計120台が設置され、各種ソフトウェアやデザインの実習、情報収集などに活用します。

造形・文化表現関連施設

書道教室

書道教室

書道を学ぶために用意された空間です。広い和室で一人ひとりがゆったりと落ち着いて書に向かえるスペースが確保されています。机の教室も別にあります。

イラストレーションアーツ演習室

マンガ、イラスト演習室

マンガ制作やイラスト作画のテクニック本、背景画集、有名作家のマンガ作品や画集などの資料が揃っている専門の教室で、創作に取り組みます。


アパレル実習室

造形演習室1(被服構成)

ライフスタイルの変化に対応し共感を与える”ものづくり”は商品企画のデザイン、サンプル作成、販売に至るまでを考えます。この教室では、ファッションデザインや服の制作に取り組みます。

木工演習室

木工演習室

木を素材とする“ものつくり”を学ぶ演習室。家具制作に必要な道具や設備が完備され、学生たちは木工の基礎を学んだうえで、木を使った幅広い造形に挑みます。


ファッションビジネス演習室

ファッションビジネス演習室

ファッション商品を視覚的に提案するイメージマップ制作や、商品を魅力的に見せるディスプレー演習、トータルなコーディネートを目指したメイクアップ演習など、ファッション業界に関連した様々な知識や技術を演習します。

STAGE G

ステージ・G

学生会館1Fのオープンスタジオはリノリウム張りの床で大きな鏡と天井が高く、開放感あふれるステージにもなる身体表現のスペースです。白いグランドピアノでピアノコンサートも開催されています。


K601

K601

グランドピアノが設置され、歌のレッスンをはじめミュージカルの発声や動きを組み合わせた身体表現を修得する授業が行われています。舞台やミュージカルに関する知識をしっかりと身につけることができます。

表現実習室 K602

表現実習室K602

ダンスをはじめ、さまざまな身体表現が楽しく学べる教室も用意。前面に鏡が設置され、側面の窓からは陽光が差し込む開放感たっぷりの広々としたスペースです。


調理・製菓関連施設

調理実習室1、2(食文化)

調理実習室

食のスペシャリスト・調理師を育てる調理実習室。プロ仕様の調理台と調理器具を備えています。各調理台の上部にはディスプレイが設置され、手順や手元を確認しながら作業を進めていくことができます。

総合調理実習室

総合調理実習室

たくさんの料理を提供するためのさまざまな技術が学べる実習室。調理スペースはもちろん、配膳サービスなども学べる食事スペースもあり、現場での実践力が身につきます。


製菓実習室

製菓実習室

製菓・製パンの基礎から菓子製造技能士検定2級(洋菓子)の合格をめざす高度な実習まで行います。製菓・製パンのための機器や道具も豊富に揃っています。

管理栄養学科関連施設

理化学実験室1 S301

理化学実験室1 S301

細胞内の化学反応を理解するための生化学や、人体の構造や生理機能に関して学ぶ解剖生理学の実験を主に行います。

機器分析室 S303

機器分析室 S303

基礎的な科学実験をはじめ、食品成分や栄養素の定量・定性実験に使用する分析機器が並んでいます。


理化学実験室2 S304

理化学実験室2 S304

食品の成分分析などを行う食品学、食品衛生に関して学ぶ食品衛生学の実験を行います。

調理実習室(管理栄養)  S305

理実習室(管理栄養)  S305

教師用調理台上に実習教示ミラーを設置し、学生実習台から調理する手元が見え、またモニターでも確認することができます。


栄養教育実習室 S308

栄養教育実習室 S308

視聴覚機器やフードモデルを用いて、栄養教育プログラムの計画、実施、評価について学習します。

実習食堂 S401

実習食堂 S401

給食経営管理実習室で作成した給食を実際に食堂で提供します。食堂には実習状況を把握できるモニターも備えられています。


給食経営管理実習室 S402

給食経営管理実習室 S402

学校や病院など、大人数を対象にした調理の実践、衛生管理を学ぶことができる施設です。

理化学実験室3 S403

理化学実験室3 S403

食品の調理特性を学ぶ調理科学や、身近な食品を実際に加工する食品加工の実習を行います。


臨床栄養実習室 S404

臨床栄養実習室 S404

医療現場を想定した実習を行い、患者さんへの身体計測や評価方法、栄養管理方法を学びます。

体育関連施設

体育館

体育館

体育の授業やクラブ活動などに使用されています。

テニスコート

テニスコート

緑に囲まれた全天候型(オムニ)コートが4面。コートに吹く風はとても爽やかで、申請すれば授業以外でも利用することができます。


アーチェリーレンジ

アーチェリーレンジ

梅花女子大学のアーチェリー部は、全日本学生で優勝したことや、世界選手権に代表を送ったことのあるクラブです。テニスコートの横にある練習場では、70mまで射つことができます。

図書館

図書館

図書館

約34万冊の図書と約3000種類の雑誌が揃い、マルチメディアの対応の閲覧ブースも完備しています。

その他の施設

学生相談室

学生相談室

学生相談室では、キャンパスライフで起こる学生の悩みや問題について専門のカウンセラー(臨床心理士)が話を聞いてくれ、一緒に考え、援助してくれます。自分を見つける機会にと、性格検査、職業興味検査、サンドプレイ(箱庭療法)などの取り組みも行っています。電話予約も受け付けています。(学内者のみ)

ボランティアルーム

ボランティアルーム

ボランティアルームでは、ボランティア活動に関する説明会や講習会等を実施しており、一定の知識と技術を学んだうえでボランティア活動に参加できます。福祉の専門知識をもつボランティアコーディネーターが親切に相談に乗ります。

ページの先頭へ戻る