ダンスが好き バレエが好き 歌が好きな みんな、おまたせ 梅花歌劇団スタート!

梅花歌劇団「劇団この花」は、地域社会の文化や芸術の振興に寄与するとともに、
現代演劇に貢献することを目的とします。
舞台に関する総合的な学びの場として、バレエ、ダンス、ミュージカルを通して
舞台芸術の基本的な技術や知識、豊かな自己表現力を身につけ、
劇団員一人ひとりの可能性を広げながら舞台人としてのあこがれを現実の世界へと導きます。
また、日々の活動を通じて清楚で礼儀正しく精神力豊かな人材を育成します。

特色

梅花女子大学との連携により、幅広い知識、高い教養を身につけ、コミュニケーション能力やチーム力を育み、バレエやダンス、ミュージカルの基本技能、照明・音響・舞台美術・舞台衣装などの舞台技術に必要な知識と舞台芸術に関する幅広い教養など、学問と芸術の融合を図ります。

芸術監督決定!

梅花女子大学 客員教授 謝 珠栄

大阪府出身。
幼少の頃にはバレエ・日舞・琴を習う。山田卓氏にジャズダンスを師事。
1971年、57期生として宝塚歌劇団に首席入団。
1975年の退団後はNYにてFIT(Fashion Institute of Technology ファッション工科大)でファッションの勉強をする。帰国後は振付家として東京キッドブラザース、夢の遊眠社、こまつ座の公演に参加。“演劇的な踊り”が高く評価され、その個性的な振り付けは演劇界に大きな衝撃を与えた。その後も斬新な振り付けで劇団四季、宝塚歌劇団、東宝などのミュージカルや映画・TVの各分野で広く活躍し、1990年より本格的に演出家へと転向する。
1987年にTSミュージカルファンデーションを設立。オリジナル・ミュージカルの企画・制作をし、話題作を発信し続けている。

梅花歌劇団団長

梅花学園 常務理事 山田 正夫

梅花歌劇団「劇団この花」は、学校法人梅花学園「愛なる女学校」の新時代への挑戦です。
「この花」の名は、古今和歌集の難波津の歌(なにわづのうた)の注釈では梅の花を指していると言われています。風雪に耐え、百花の魁となって咲く「この花」の名を劇団名とすることで、学校法人梅花学園の「チャレンジ&エレガンス」は更なる夢の挑戦としてセカンド ステージへと駒を進めます。幸いにも、女性演出・振付家で名高い、謝 珠栄先生が梅花女子大学客員教授ならびに歌劇団芸術監督としてご就任いただきました。この上ない喜びでございます。
謝先生の作品は、先生自身の豊かな心や感性、創造力に根ざした個性的で斬新な振り付けによるオリジナル・ミュージカルとして知られています。謝先生はここ数年、アジアを舞台に、祖国や故郷を奪われ、追われた人々を描かれてきたシリーズの集大成として「客家(はっか)」を上演され、伝統音楽や民族文化にも焦点を合わせるなど、今もなお話題作を発信されておられます。
「劇団この花」は、どちらかと言えば梅花女子大学における学問と融合した歌劇団です。一人ひとりが各学科で学びながら高い教養と資格を取得し、他の可能性や選択肢を絶えず思い描きながら社会人としての自立を目指します。謝先生は学びを大切にされる先生です。感性を鈍らせてはいけない、テクニックを身につけ、磨き続けなければ奥深い表現は出来ないと言われます。各人が有する芸の魅力をさらに高め、いつの時も喝采される悦びを感じながら、見られていることを前提にそこに立っていること、どんなつらい時も表情を曇らすことなく、いつも笑顔で溌剌として美しく、しかもエレガントでいることが「劇団この花」の団員であると思っています。これは、みんなで描く歌劇団、みんなで育む歌劇団です。
今、真っ白いキャンパスにどんな絵が描かれるのだろうか。謝先生と共に時を隔ててもなお大いなる「夢」を追いかけたいと願ってやみません。今は、学生歌劇団の域を出ない「劇団この花」でございますが、少しでも地域社会の市民文化や芸術文化の振興に寄与することが出来るよう劇団員共々に努力する所存です。
終わりに、「劇団 この花」の設立に多大なるご理解とご支援を賜りました関係各位に対し深甚なる謝辞を申し上げご挨拶とさせていただきます。

  • 募集要項募集要項