8学科の教員があなたをサポートします。

情報メディア学科

好田 由佳

教授

好田 由佳

コウダ ユカ

担当科目
ファッション史 / ファッション情報概論 / ファッションブランド論 / ファッションカルチャー論 / ファッション雑誌研究 / カラーコーディネイト論 / 情報メディア演習Ⅰ・Ⅱ / アンカーゼミⅡ・Ⅲ
研究分野
西洋服飾史(19世紀ヴィクトリア朝女性雑誌研究) / 女性学(ヴィクトリア朝後期の新しい女性研究) / 服飾美学(ファッションブランドの歴史研究)
私のチャレンジ
日々、努力する人間でありたい。

貴重書である19世紀後半の女性雑誌に掲載されたファッションイラストをスライドで紹介するほか、ファッション関連の美術館での学外授業、展覧会の解説など、学生が触れることの少ない本物のファッション文化を紹介します。歴史の中で育まれたファッションの幅広さや、深さを知ってほしいと願っています。

受験生へのメッセージ
社会で役に立つ仕事をしたいと思っている人、人を笑顔にすることができるファッション業界に目を向けてみませんか?ファッションの学びは、きっとみなさんの心も笑顔にすると思います。

私のイチオシ授業

ファッション史
古代エジプトの化粧や、女性のコルセット、フランス王妃マリー・アントワネットの時代の衣裳について学びます。歴史的には、脚線美を誇ったのは男性だった時代もあるんですよ。
学生と接するうえで、工夫している・気を付けているポイント
顔と名前を覚えることを1番大切にしています。1人ひとりに丁寧に接することで、信頼関係を築いていくことが私の教育の真髄だと思うからです。
学生との思い出で印象に残っていること・うれしかったこと
文化表現学部主催のビブリオバトルで、クラス代表の学生が優勝したことです。予選の段階で、これは優勝するかも・・・と思い、本選では私の方が、ハラハラドキドキしました(笑)。
梅花女子大学の教員としての1番の醍醐味
私も2年目でまだ、卒業生を輩出していませんが、卒業の時、何の花が好き?と聞いたら、「梅の花が1番好きです」と言ってもらえる学生生活を送る後押しをできればと願っています。母校に誇りを持つ女性を育成することが私の目標です。
梅花女子大学でできる、学生にとってのチャレンジとは?
1878年に女子教育の先陣をきった母校を誇りに思い、ひたむきに努力することの大切さを学び、後輩へと伝えてください。それが梅花レディのチャレンジ精神を守っていくことなのだと思います。

座右の銘

夢をあきらめない
年齢を重ね、夢の形は変わっていっても、いつも夢を持って、成長する自分でいたい。夢をただ持つだけではなく、日々、努力することを忘れないでいたい、といつも思っています。

プロフィール

保持資格 博士(学術)・繊維製品品質管理士(TES)
趣味 読書
自慢できること 教育への熱い情熱(笑)
こだわり 正々堂々と生きたいです
感銘を受けた作品 『悩む力』
性格を一言で パワフル

img_next01

詳細(教員データベース)