8学科の教員があなたをサポートします。

日本文化創造学科

藤原 星香

教授・作家

藤原 星香

フジハラ セイカ

担当科目
専門演習I・II / 作品を創るI A・II A・B(小説作品の創作、校正作業、製本、パソコン操作など)/ 創作の世界 / ライトノベルを創る / 卒業創作A・B
研究分野
商業作品の執筆
作家名
流 星香
私のエレガンス
お気に入りの香水を一吹き。

1991年のデビュー以来、現在も商業作品を執筆する作家として活動しています。私の授業では、実際の出版と同じ作業を行い、作品を完成させて、本の形に仕上げていく過程を実践。学生は、作家・校閲・デザイン・編集の作業を行い、自分の作品が本になるまでを体験することができます。

受験生へのメッセージ
作家・ライター、出版関係をめざす人は、ぜひ授業で本を作ってください。本作りには、繊細な日本語能力が必要ですし、企画書作成はどの業種にも通じる技術です。これらの経験は社会できっと役に立ちます。

私のイチオシ授業

作品を創る
オリジナル作品を執筆・編集し、本を作ります。本作りは簡単ではありませんが、できあがった本を手にする喜びはひとしお。ほかの学生の作品を読んで校正する貴重な体験もできます。発表されている文章に、どれだけたくさんの人の想いがこめられているのか、日本語が大切に守られているのかを学びとってほしいです。
学生と接するうえで、工夫している・気を付けているポイント
書かれた文章を否定して、削除することはしません。文法の間違いや好ましくない表現は修正すべきですが、1人ひとりの個性を殺さないよう、表現されているものを大事にしています。
学生との思い出で印象に残っていること・うれしかったこと
学生が創作し、本の形になった作品が、ほかの学生から「おもしろい」と言ってもらえたこと。書いて、本にしてよかったね、って思います。
梅花女子大学の教員としての1番の醍醐味
新鮮な若者の感覚で書かれる作品を見られることでしょうか。ほかの学生からの意見を参考にすることで、作品にどんどん深みが加わり、磨かれていく瞬間、作家として成長していく場に立ち会えるのは、とても楽しいです。
梅花女子大学でできる、学生にとってのチャレンジとは?
「会いに行ける作家」がいる大学です。現役の商業作家を先生に、授業を受けられます。出版社の話も聞けますよ。

座右の銘

自慢してもらえる人になる
肉親だけでなく、私のことを知っている人、友人知人に、私がいることを自慢してもらえるような人になりたいです。いつでも、誇れる人になれるよう、がんばりたいです。

プロフィール

趣味 お菓子やアクセサリーを作ること
特技 お菓子の先生の資格を持っています
自慢できること デビュー以来、ずーっと商業で作家を続けているところ
こだわり 嫌になる1歩手前で小休止する。物事を嫌いにならない
感銘を受けた作品 『星の王子様』
尊敬する人 北野武氏
性格を一言で まず形から入ってみる
休日の過ごし方 録り溜めたアニメやドラマのチェック

img_next01

詳細(教員データベース)