地域連携・事業連携 Business cooperation

食文化学科学生考案オリジナルレシピ

食文化学科では、大丸百貨店で開催の「中央市場鮮魚まつり 鮮魚おすすめ  DAY」にて、学生が「おいしい&ヘルシーなお魚料理レシピ」を考案し、試食の提供を行いました。手軽に美味しく出来る簡単レシピです。ぜひ、ご利用ください。

焼きサンマの柚子味噌丼

材料(分量2人分)

サンマ
1尾
1.5合
五穀米
1袋
アボガド
1/2個 ※しめじと同じ長さに細く切る
おくら
4本 ※しめじと同じ長さに細く切る
パプリカ(赤)
1/4個 ※しめじと同じ長さに細く切る
パプリカ(黄)
1/4個 ※しめじと同じ長さに細く切る
しめじ
1/2パック
茄子(小)
1本
みょうが
1/2つ ※ 千切り
青ネギ
適量
柚子味噌
ティースプーン山盛り2杯に 柚子の果汁と皮の粉末を適量加え、 混ぜ合わせたもの

下準備

  • 青ネギは、斜めに千切りした後、水につけもんでおく。柚子味噌がなければ、ゆずの搾り汁で代用可。

作り方

  • 米1.5合を洗い、五穀米1袋加え炊いておく。
  • 茄子を水で洗い、水分を拭き取りアルミホイルに包む。
  • サンマを水で洗い、しっかりと水分を拭き取ったら、表面に軽くオリーブオイルを塗る。
  • サンマと茄子を10~20分グリル又はトースターで焼く。
    Point : 途中で裏返す
  • アボカド、パプリカ、しめじをグリル又はトースターで8分程度焼く。
  • サンマを水で洗い、しっかりと水分を拭き取ったら、表面に軽くオリーブオイルを塗る。
  • 焼き上がったサンマは、頭と尾っぽを切り、2等分し開いて、骨を取る。 焼きナスは、しめじと同じ長さに細く切る。
  • 五穀米の上にサンマと野菜を盛りつけ、青ネギとみょうがをのせ、柚子味噌を添える。
    Point : ヘタを取っておく

フライパンで簡単!海老とホタテの簡単ピラフ

材料(分量2人分)

お米
&ndsp;
ホタテ
200g
海老
200g
パプリカ
1つ
ズッキーニ
1/2個
コンソメキューブ
1つ
小1
50ml
白ワイン
適量
ニンニクチューブ
適量
オリーブオイル
適量
バジル
1パック

作り方

  • お米を洗い20分~30分水に浸けておく。
    水340mlに塩小1、コンソメキューブ1を入れて溶かしておく。
  • 海老は皮を剥き尻尾の汚れを小削ぎ落とし、背わたを取っておく。
    ホタテは4等分にカットする。
  • パプリカは種を取り除き輪切り、ズッキーニも約5ミリの輪切りし、それぞれ、ゆがく。
  • フライパンに①の水をしっかりと切ったお米とコンソメキューブを溶かした出汁、
    白ワイン、ニンニクチューブ、海老、ホタテを入れ中火にかける。
  • 沸騰しブクブクと米が踊り出したら蓋をし、弱火で10分放置する。
  • 10分後火を強めパチパチという音が聞こえたら火を止め8分蒸らす。
  • 出来上がったご飯をお皿に盛り、パプリカ、ズッキーニ、バジルを飾り、完成。

ブリの竜田オレンジのブルスケッタがけ

材料(分量2人分)

ブリ
約200g
片栗粉
適量
プチトマト
1パック
アボカド
1/2個
オレンジ
1/2個
ディル
10g
フレンチドレッシング(市販のものでOK)
20ml
パセリ
適量
サラダ油
適量

下準備

  • ブリ 脂がのる冬が旬。産卵期前のこの時期、最も脂がのって独特の風味をもちます。出世魚で、縁起がよいと言われ、おせちにも喜ばれます。

作り方

  • プチトマトを1/4に切る。アボカドは約1㎝角に切る。
    オレンジは皮を剥き果肉を取りだし細かく切る。
  • ①の材料にフレンチドレッシング、パセリ、ディルを細かくちぎった物を  加え、塩胡椒で味を見る。
    Point : フレンチドレッシングは市販のものでOK
  • ブリの皮を剥ぎ塩胡椒を振って下味をつけておく。
    片栗粉を薄くまぶし、フライパンに油を少し多めに引き中火でブリを焼き揚げにする。
  • 表面に焼き色がつきカリっとしてきたらブリを一度キッチンペーパーに乗せ油をきる。
  • 先ほどのブリをお皿に盛り上から②で作った物をかける。
  • 上にディルを盛り完成。

タイの生春巻き

材料(分量2人分)

刺身用の鯛
1/2柵
キャベツ
大3枚
(ゆでる → 冷水におとす → 食べやすい大きさに切る)
人参
1/3本
(ゆでる → 冷水におとす → 5~6cmのマッチ棒状に切る)
ヤングコーン
5本
(生の場合ゆでる → 冷水におとす → 縦半分に切る)
※水煮の場合は、縦半分に切るだけ
水菜
1束
(5~6cmの長さに切る)
枝豆
50g程度
(4%の塩水でゆでる → 粗熱が取れたら、豆を出しておく)
ライスペーパー
5枚

ソースの作り方

  • <オレンジソース> オレンジマーマレード(30g)、オリーブオイル(10ml)、粒マスタード(15g)を混ぜ合わせる。
  • <梅肉ソース> たたいた梅干し(大きいもの1つ)にみりん(小さじ2 アルコールを飛ばしておく)、酒(小さじ2 アルコールを飛ばしておく)、昆布茶(湯に溶かしたもの大さじ1/2)、塩昆布(小さくカットしたものを少々)を混ぜ合わせる。
  • <中華風ソース> アーモンドを細かくつぶしておいたもの(大さじ1)、すりごま(大さじ1)、 中華だし(大さじ2~3)、にんにくすりおろし(少々)を混ぜ合わせる。
  • <ピリ辛ソース> 豆板醤 (小さじ1/2)、醤油(小さじ1)、酢(小さじ1)を混ぜ合わせる。
  • <レモンソース> レモン汁(1/2個分)、パセリ(小さじ1)、オリーブオイル(少々)を混ぜ合わせる。

作り方

  • ライスペーパーをぬるま湯にさっとくぐらして、きつく絞った濡れ布巾の上に置く
    Point : 霧吹きでライスペーパーをぬらしても可。
  • ライスペーパーの中心より下にタイ・キャベツ・水菜・ヤングコーン・人参を順番に重ね、枝豆を中心より奥に置いておく。
  • ライスペーパーの左右を内側に折る。
    その後はのりまきのようにくるくると、しっかり巻いていく。
  • 食べやすい大きさに切る。
    Point : ソースは組み合わせ自由なので、その日の気分でソースを組み合わせてみてください。

アーモンド衣のカツオのたたき風 ジュレ添え

材料(分量2人分)

生カツオ
1柵
スライスアーモンド
30g程度
マスタード(粒なし)
適量
ベビーリーフ
適量
ラディッシュ
適量

<ジュレ>

グレープフルーツ(ホワイト)
1個
醤油
適量
ゼラチン
グレープフルーツの果汁・果肉の重量の1%
※板ゼラチンか粉ゼラチンのどちらでも良い

下準備

  • カツオにしっかり塩コショウで下味をつけておく。スライスアーモンドをローストし、細かく砕いておく。ゼラチンを水で戻しておく。

作り方

  • グレープフルーツのジュレ作り
  • グレープフルーツ1/2個をしぼる。
  • 残りのグレープフルーツの果肉を細かく切っておく。
  • 果汁と果肉を合わせたものに、醤油を数滴たらす。
  • ③を少し火にかけて水で戻したゼラチンを加え、溶かす。
  • 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。
  • 下味を付けたカツオにマスタードを全面ぬる。
  • ラップの上にアーモンドを広げ、そこにカツオを置き転がしてアーモンドの衣をつける。
    Point : ラップを使うと手も汚れず、アーモンドも付きやすくなります。
  • オーブントースターで3分加熱。
  • カツオを食べやすい大きさに切る。
  • 皿にベビーリーフ・ラディッシュを盛り、その上にカツオを重ねる。
  • グレープフルーツのジュレを皿に添える。