8学科の教員があなたをサポートします。

看護学科

西上 あゆみ

准教授

西上 あゆみ

ニシガミ アユミ

担当科目
基礎看護援助論I / 基礎看護援助論II / 基礎看護援助論IV / 基礎看護学実習I / 基礎看護学実習II / 災害看護学 / 災害看護学演習 / 家族看護学 / 総合実習 / 看護研究演習 / 臨床看護技術論 / 教養特講2
研究分野
災害看護学
私のチャレンジ
災害に強い看護師さんを育てる。

病院の防災において、どのように看護師が関わっていけるかについて研究しています。私の「看護研究演習」の授業では、“看護”と“災害”をキーワードに用いて、取り組んでもらっています。近年、大規模災害が起こるといわれていることや、東日本大震災のニュースから、自分が看護師として何ができるのか、考える学生が増えてきているように思います。

受験生へのメッセージ
何より「看護師になりたい!」という気持ちを大切にして受験勉強を頑張ってください。人に関わる仕事ですので、相手の立場になって考えるということも大切にしていま す。看護は奥深い学問です。共に看護を考えていきたいと思っています。

私のイチオシ授業

災害看護学演習
先行要件として災害看護学を受講している学生さんに向けて、4年生の後期に開講しています。夜間避難所体験訓練や災害拠点病院の見学に加え、災害時のコミュニケーションの取り方について考えたり、災害特有の防護服を着てみるなど、あまり他大学で行われていない演習をしています。看護師は24時間病院に勤め、患者さんを守る立場になります。どのようなことが起こりえるのかをあらかじめ考えておくことができます。そして、少しでもそのときに動けるように備えておいてほしいと思います。
学生と接するうえで、工夫している・気を付けているポイント
わかりやすく、楽しくなるようにこころがけています。
学生との思い出で印象に残っていること・うれしかったこと
私が災害看護に関する学会に参加することをすすめていたところ、本当に東京まで学生さんが勉強に来られました。学生時代に学会に参加するという機会を大切にしてほしいと思いました。
梅花女子大学の教員としての1番の醍醐味
やっと、2期生が旅立っていくわけですが、看護の場合は、病院実習がありますので、卒業した学生さんの良い評価をもらったり、頑張っている姿をたくさん見ていきたいと思います。

座右の銘

継続は力なり
やり続けることは大変な時もありますが、頑張って続けていれば、解決する日が来ると思っています。理屈でなく、取り組み続けることに意味があると思います。

プロフィール

保持資格 看護師
受賞歴 大阪府看護協会 会長表彰
特技 誰とでも話ができる(看護師だからかもしれませんが)
こだわり 会話の中で笑いを取る
感銘を受けた作品 『奇跡の人』
尊敬する人 たくさんいます
性格を一言で ねばり強いかなと思います
休日の過ごし方 録りためたビデオを見ること

img_next01

詳細(教員データベース)