8学科の教員があなたをサポートします。

食文化学科

寺川 眞穂

准教授

寺川 眞穂

テラカワ マホ

担当科目
ビジネスマネジメント / 起業マネジメント論 / 卒業研究I・II / 就業力養成実習III・IV / 小売商業論 / 経営学入門 / ITビジネス研究 / 卒業演習・制作I・II
研究分野
経営戦略(製品開発・事業創造)
私のチャレンジ
とりあえず何でも試してみること。

経営学分野全般の授業をしています。まだビジネスの世界に入っていなくとも、誰でもビジネスの対象、つまりお客さまになった経験はあります。普段利用している企業や店舗の商品やサービスが、「どのような考えのもとに提供されているのか」を知ることで、私たちも「どのように考えて行動すべきか」を知ることができます。

受験生へのメッセージ
自分が何をしたいかわかっている人は、そのプランを描いていけるように、自分が何をしたいのかまだわからない人は、まずはいろいろ試せるように、授業を受けてほしいです。どちらにしても、まず自分で動き出さないと始まりません。とにかく動きましょう。

私のイチオシ授業

起業マネジメント論
将来の自分のお店のプランをグループワークでつくり上げる授業です。自分の夢を実現するには、何が必要か。何に注意すべきか。授業でヒントは聞くことはできますが、自分にとっての正解は、自分で考えるしかありません。大変ですが、もし本当の夢であれば、楽しい作業になります。自分の身近な課題について、自分で考えてみること。誰かが生み出した知識を覚えるだけでは、身に付きません。その知識を自分の考えで活用して初めて、自分の武器になります。
学生と接するうえで、工夫している・気を付けているポイント
学生には、まずは自分の考えをとにかく言ってみてほしいと思っています。授業中は学生にとにかく質問をします。自分ではそんな大した意見ではないと思っていても、実はほかの人には思いもつかなかった意見だったということもよくあります。まずは、自分の考えを口に出してみましょう。
学生との思い出で印象に残っていること・うれしかったこと
学生が頑張った結果に自信を持って、次の課題にも積極的にチャレンジしてくれるようになったことです。
梅花女子大学の教員としての1番の醍醐味
どこよりも学生と教員との距離が近いこと。
梅花女子大学でできる、学生にとってのチャレンジとは?
手を挙げれば、さまざまな体験ができる機会が用意されていること。授業、課外活動ともに積極的に参加してください。

座右の銘

従流志不変
ビジネスにおいても人生においても、変化への対応は重要な課題ですが、守るべきところは、貫き通したいと考えています。

プロフィール

保持資格 博士(経営学)
受賞歴 経営戦略(製品開発・事業創造)
趣味 食べられる植物を育てる
特技 失敗は都合よく忘れる
こだわり 自分の心に正直に
感銘を受けた作品 『海の都の物語』『黒い肌は知った』
尊敬する人 自分自身の、周りの人の、可能性を引き出せる人
性格を一言で とりあえず何でも試してみる
休日の過ごし方 友人と過ごす

img_next01

詳細(教員データベース)