8学科の教員があなたをサポートします。

情報メディア学科

橘 治行

准教授

橘 治行

タチバナ ハルユキ

担当科目
キャリアアップ実習 I・II / 情報メディア演習 I・II / 応用コンピュータ実習 / 情報科学 / ソーシャルメディア研究 / インターネット構造論 / 医療事務総論 / 社会福祉概論
研究分野
医療情報管理 / 医療秘書 / 介護福祉 / 在宅福祉(高齢者) / 権利擁護
私のチャレンジ
長生きをしたいとは考えていませんが、太く短くでよいから攻めの人生で1日1日を大切にがんばっています。

異職種歴が多いことを生かし、現場経験を踏まえた演習や講義を心がけています。実践的な援助や接遇のあり方に興味が高い反面、コミュニケーションが苦手だと思いこんでいる学生が多いように感じるため、身ぶりなどの非言語的な伝達方法も交えて、克服できるよう努めていきます。

受験生へのメッセージ
自信がなくてもいい、自分の可能性を信じられる人を応援します。もちろんこれまで通り卒業後のアフターケアも喜んで続けていきます。

私のイチオシ授業

医療事務総論
医療事務・情報コースを担当しています。病院職員の役割や専門性、これからの役割について論議しています。
サービス業としての現代医療の仕組みを理解し、患者さんが求める医療のあり方を考えてみませんか。
この授業を通して、精神的にも経済的にも自立できる社会人、相手の立場に立てる、傾聴できる、優しい人になってほしいです。
学生と接するうえで、工夫している・気を付けているポイント
「人は皆、聞くに早く、語るに遅く、怒るに遅くなければなりません」(新約聖書ヤコブの手紙 第1章19節)
学生との思い出で印象に残っていること・うれしかったこと
現場実習では”1人で考え、判断し行動して結果を出す”ことが求められます。学生たちは時には涙を流し落ち込むこともありますが、実習を終えると1回りも2回りも大きくなっている姿を見てうれしくなります。
また卒業後も、アフターケア的に現場で1人抱え込んだ課題を一緒に取り組んでいけることにもやりがいを感じています。
梅花女子大学の教員としての1番の醍醐味
専門的視点を持ち合わせる本学科各コース教員と行う論議は、時に学生達も参加することで良い刺激になっています。
梅花女子大学でできる、学生にとってのチャレンジとは?
自立できる、すてきな女子をめざしましょう。

座右の銘

愚直

プロフィール

保持資格 介護福祉士
社会福祉士
介護支援専門員
中・高教諭免許(保健体育) ほか
趣味 架空請求に遭遇しないための呼びかけ(在学生とネット上)
特技 体育系なので体を動かすこと。今はファンスキーです
自慢できること 医食同源。食べ物に好き嫌いが皆無
こだわり 関心があると、とことん追究する。のめり込む
感銘を受けた作品 映画「アメリカンスナイパー」
尊敬する人 この年になってわかった両親
性格を一言で 気は優しくて力持ち、主役よりも黒子
休日の過ごし方 家族の一員、モコモコ(トイプードル)とのアンニュイな昼寝

img_next01

詳細(教員データベース)