8学科の教員があなたをサポートします。

口腔保健学科

本間 志保

教授

本間 志保

ホンマ シホ

担当科目
解剖学 / 生理学 / 口腔解剖学 / 口腔生理学 / 基礎実習 / 口腔組織・発生学 / 口腔保健研究演習 I・II
研究分野
口腔周囲の感覚受容機構の解明 / 神経損傷時の神経再生に関する研究 / 摂食嚥下に関する機能的研究
私のエレガンス
「お先にどうぞ」という気持ち。

自分の体の仕組みがどのようになっているのか、これは多くの人の興味であると思います。生きていく上で、全ての人にとって食べることというのは大きな楽しみの1つです。口から食べる重要性を知ることや、それによってもたらされる心と体の健康を維持することは、歯科医療に携わる者にとってとても大切なことです。食行動に関わる器官の構造や機能を詳しく調べることが私の研究分野ですが、これらの研究を通して日常で感じているいろんな不思議を解明していく過程は大変興味深いですし、みなさんにもその楽しさを知っていただければと思います。

受験生へのメッセージ
口を通して多くの人の健康を守りたいと願う学生さんを待っています。歯科衛生士は患者さんと直接触れ合う職業。歯医者さんは痛い・怖いというイメージを払拭できるような優しい心を持った人におすすめです。

私のイチオシ授業

歯の解剖と機能(口腔解剖学)』
『 歯と口腔の感覚(口腔生理学)
「歯の解剖と機能」では生える場所によって異なる歯の形の特徴とその働きについて、「歯と口腔の感覚」では感覚という入力信号を受けて、顎の運動という出力系につながる仕組みについて学びます。
学生と接するうえで、工夫している・気を付けているポイント
学生には1人ひとりに違った個性があります。それぞれの個性に合わせた対応をするために、みなさんから発信されるメッセージをしっかり受け取るよう気をつけています。
学生との思い出で印象に残っていること・うれしかったこと
学年の終わりの授業の時に「苦手だった解剖が好きになりました」とか「来年も先生に教えてほしいです」というような、こちらが励まされる言葉をたくさんもらったことがとてもうれしかったです。
梅花女子大学の教員としての1番の醍醐味
伝統と歴史のある大学の一員としてその伝統を守り受け継いでいきたいです。また口腔保健学科は今年からの新設学科なので、伝統を守りつつも新しい風を吹き込むこともできればいいなと思っています。
梅花女子大学でできる、学生にとってのチャレンジとは?
口腔保健学科は新しい学科です。先輩がいない状態でのスタートになり、それがまず、みなさんにとってのチャレンジですね。後に続く人の道しるべとなるような学生生活を送ってください。

座右の銘

Be confident.
外国で研究していた時の教授に、帰国時にいただいた言葉です。「そのままのあなたでよいのだから、自分に自信を持ってこれからも生きていきなさい」というようなことを言われました。その後の人生でふとした時に思い出し、支えになっている一言です。

プロフィール

保持資格 歯科医師免許・危険物取扱者(甲種)
趣味 飽きっぽいところがあり、その時々によって変化するので答えるのが難しいですが、少し前は手編みのアクリルタワシ製作に熱中していました。今は日々を生き抜くのに必死です
特技 笑ってしまうほどの下手な絵を堂々と板書すること
自慢できること 大学院時代のがんばり。こつこつとした地味な作業を4年間続けました。この時に培った技術はデジタル技術の進歩に伴って今ではあまり必要なくなりつつありますが、根気強く地道に物事を続けるという経験ができたことは、今の私の自信につながっています
こだわり いかに笑顔で過ごせるかを考えることです
感銘を受けた作品 『跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること』東田直樹さん著
尊敬する人 小さな努力も惜しまない人を尊敬します
性格を一言で まっすぐで頑固と言われます
チャームポイント 小さいころは「大きな目がチャームポイント」といわれましたが今はどうでしょうね
休日の過ごし方 まずは部屋の掃除。なかなか毎日行き届いた掃除をすることは難しいので、休日の朝は掃除から始まります。その後は冬ならこたつでまったりと過ごしています。家の中で心地よく過ごすためには努力を惜しまないタイプですが、時々はサボります

img_next01

詳細(教員データベース)