8学科の教員があなたをサポートします。

国際英語学科

大橋 千秋

教授

大橋 千秋

オオハシ チアキ

担当科目
英語I・II A・B / TOEFL・TOEICの英語 / 英語圏の文学 I / アメリカの歴史と文化 / 観光英語(中級)/ 留学試験の英語 II / Global English Seminar III・IV(卒業研究2)/ TOEFL II
研究分野
アメリカ文学(20世紀の詩・小説)/ 英語教育 / 社会言語学
私のエレガンス
大変なことをさらっとやってのけて、涼しい顔をしていること。自分には到底できない。

「アメリカの歴史と文化」や「アメリカ音楽の歴史」の授業では、文化の持つ社会的・歴史的背景を重視。例えば、ブルーズの誕生から現在のEDMに至る、音楽の変化の裏側には(特にアメリカ)社会の大変興味深い変化があります。

受験生へのメッセージ
英語のポピュラー音楽をもっと楽しめるようになりたい人、英語圏への留学を考えている人、観光業界に興味がある人は、ぜひ一緒に学びましょう!

私のイチオシ授業

観光英語
観光英語検定の対策として、観光業界で働く人が必ず身に付けておきたい単語や言い回し、知識を習得。世界の観光地を訪ねる観光客や添乗員という設定のシミュレーションで学びます。
学生と接するうえで、工夫している・気を付けているポイント
学生を学習到達度という基準だけで判断することはありません。個々の学生の現在の地点を把握し、そこから各自がどれだけ向上したか、という視点を常に持っていたいと思います。
学生との思い出で印象に残っていること・うれしかったこと
「来年の担当も先生ですか」と聞かれるとうれしいです。
梅花女子大学の教員としての1番の醍醐味
小さなコミュニティーにおける親密なつきあい。自分が大学生の頃、僕の顔と名前を憶えてくれていた先生は、片手で数えられるほどでした。
梅花女子大学でできる、学生にとってのチャレンジとは?
壁は1度ぶつからないことには、乗り越えることはできません。ネイティブ・スピーカー教員による授業で壁にぶつかって乗り越え、さらには、留学という壁にもチャレンジしてください!

座右の銘

青年は荒野をめざす
英語でのコミュニケーションは往々にして、自分の文化的ホームグラウンドを離れる、アウェイな状況を意味します。勇気をもって前に踏み出してください。きっと得るものが多くあります。

プロフィール

保持資格 実用英語検定1級、観光英語検定1級、通訳案内士
趣味 アメリカの黒人音楽
自慢できること 愛車についている11のスピーカー
こだわり No music, no life.
感銘を受けた作品 江守藹著『黒く踊れ!』
尊敬する人 ピーター・バラカン氏
性格を一言で 大ざっぱのO型
チャームポイント シュールなギャグ
休日の過ごし方 親子で買い物

img_next01

詳細(教員データベース)