8学科の教員があなたをサポートします。

こども学科

髙田 太

講師

髙田 太

タカタ タイ

担当科目
キリスト教学I・II
研究分野
組織神学、宗教哲学。カントの宗教思想や、その背景としてのプロイセンの宗教事情。現代ドイツの組織神学
私のチャレンジ
美を求める心はいつもチャレンジと結びついていると思います。美しいものを創作したり、自分自身を美しく見せるにはいつもチャレンジが必要です。また、すでに与えられたものを美しいと捉えるためには、自分自身が変わらねばなりませんから、そこにもチャレンジがあります。

キリスト教学の授業は、本学建学の精神や創立者 澤山保羅先生、またキリスト教一般、聖書について、何の知識もない学生を前提にして行っているものですから、直接に専門研究領域について話すということはありません。それでも、宗教の事柄について、単にキリスト者(また教職者)として教条的に語るのではなく、また、単に学者として客観的に紹介するだけでなく、キリスト教信仰の対象に批判的に距離を取りながらも、その真理内容を伝達しようと心掛けています。そのためにも、組織神学的な思考や、カントの批判哲学が役に立っていると思います。

受験生へのメッセージ
私にとって学生は、大学という真理に関わる学問共同体の仲間にして後輩です。キリスト教とはどんな宗教なのか。キリスト者は何を信じているのか。そしてなぜキリスト教やその信仰が、創立者澤山保羅先生をして梅花女学校を設立せしめたのか。 こうした本学の教育理念であるキリスト教主義を理解すると同時に、キリスト教一般について、またその正典である聖書について、国際人として必要とされる基本的知識をしっかりと学び取ってほしいと思っています。

私のイチオシ授業

キリスト教学I・II
1年生の必修の科目です。梅花女子大学がどのようにして生まれたのか、誰によって創立されたのか、その創立の想いはどんなものだったのかを紹介します。また、世界の3分の1の人口が信じているキリスト教が、今の世界でどんな姿を示しているのか、今の日本でどんな姿を示しているのかを学び、その大きな関連の中に、梅花女子大学が何を求めて教育活動を行っているのかを位置づけて理解します。キリスト教についてのわかりやすい解説が、学生に特に「おもしろい」「受講してみたい」と思ってもらえるポイントになることを願っています。
学生と接するうえで、工夫している・気を付けているポイント
キリスト教学は、1年生必修の科目で500人以上の学生が対象になりますが、単に大勢を前にして授業するというだけでなく、何とか工夫して1人ひとり、どんな学生が受講してくれているのかを把握できるように心掛けています。
学生との思い出で印象に残っていること・うれしかったこと
今年が1年目なのでまだあまりありませんが、質問などのために研究室を訪れてきてくださるのは、いつもうれしく思います。
梅花女子大学の教員としての1番の醍醐味
この大学に入ってこなければ、キリスト教や聖書について何も知ることがなかったであろう学生たちに出会い、それらについて語ることができるということ。また、学生たちが入学してきたこの学校が、歴史と伝統ある名門校だということを教えることができるというのもうれしいことです。
梅花女子大学でできる、学生にとってのチャレンジとは?
これまでまったくキリスト教と接点のなかった人が、チャペル・アワー(礼拝)に出席するというのは大きなチャレンジだと思います。与えられた時間の中で、神に、隣人に、そして自己自身に向き合いつつ、その共同の営みをエレガントに成り立たせることができるよう、チャレンジしてほしいと思っています。

座右の銘

真理はあなたたちを自由にする
ヨハネ福音書8章32節の言葉です。学者としても、キリスト者としても大切なところを教えてくれる言葉ではないかと思います。

プロフィール

保持資格 博士(神学)、日本基督教団正教師、中学校・高等学校教員免許(宗教)、DSH(Deutsche Sprachprüfung für den Hoschschulzugang)-Zeugnis 2 (注)大学の学部入学に十分なドイツ語能力があるとの証明資格
特技 打楽器(カホンなど)
こだわり 美しい配線
感銘を受けた作品 カントの『判断力批判』
尊敬する人 隣人
性格を一言で よくわかりません
休日の過ごし方 あまり休日がありません

img_next01

詳細(教員データベース)