めざすのは、芯から美しい女性。

ホーム » 学部・大学院 » 共通の学び »初年次セミナーⅠ(看護保健学部「BAIKAセミナー」)

「初年次セミナーⅠ(看護保健学部「BAIKAセミナー」)

女子大学・短期大学部の「学び」への入門編にあたる授業

大学での「学び」は、これまでの高校までの学習とは大きく異なる環境で行われます。「初年次セミナーⅠ」では、その環境の変化にできるだけ早く順応できるように配慮した授業内容となっています。

初年次セミナーⅠ(看護保健学部「BAIKAセミナー」)

スタディ・ライフ・バランスの充実をめざす

「初年次セミナー」「BAIKAセミナー」は、女子大学に入学した皆さんが勉強面(スタディ)、生活面(ライフ)において充実した学生生活を送り、社会人になることを意識して学ぶための基礎的な授業です。高校時代とは違って、大学では自ら積極的に学ぶ姿勢=自主性が大切。それを支えるために、一人で悩みを抱えず教員やクラスメートとコミュニケーションを取る力を養います。また、社会人としての基礎力を養うために、将来の進路を視野に入れながら、自らの能力開発をめざします。
大学生活を有意義にするためにも積極的に授業に参加し、「自信」と「やる気」を自分のものにしてください。

大学生活をスタートさせるにあたって

学びの環境、学生生活の過ごし方について学びます。

これからの4年間を過ごす場となる「梅花」と、自分の学びの環境を知ることからセミナーは始まります。大学の専門的な学びに必要な施設や設備の使い方についての基礎知識も身につけ、快適な大学生活を始めましょう。

学びの環境、学生生活の過ごし方について学びます。

将来に向かってキャリア形成を

2年後、3年後の自分の姿を見つめることから、自分の将来像を明確にします。

将来が見えると、大学生活の過ごし方が決まってきます。入学した学科の専門の学びが、どのような将来につながるのかをクラスメートとともに考えます。

2年後、3年後の自分の姿を見つめることから、自分の将来像を明確にします。

ページの先頭へ戻る